コピー機のリース

現在、企業のほとんどは、このリース会社からのリース契約を行い、コピー機をはじめとする様々な機器を会社に導入しています。リースのシステムをよく見てみると、銀行による融資を受けることとよく似ています。

銀行リースを行う企業のほとんどは、機器や機械などの新たなシステムの導入により、更なる企業の発展を目指していますが、新たな機器などを投入するには資金が必要で、融資を受ける必要があったのです。しかし、基本的に銀行などの金融機関から、融資を受けるには担保などが必要で、担保を出せない会社や資金繰りに厳しい会社は、銀行などの金融機関から融資を受けにくい状態となっています。しかし、ほとんどのリース契約の場合、担保を必要とせずリース契約のみで新しい機器や機器などのシステムを導入できますので、金融機関から融資を受けたのと同じ状態になるというわけです。

ただし、担保を引き落としないリース契約は、厳しい審査を必要とする場合が多く、この条件をクリアする必要が会社側にあります。しかしメリットは多く、物品の所有により生じた納税義務や減価償却費の計上、あるいはリース物件にかけられた保険料の支払は、すべてリース会社が行うという利点があります。

〔参考HP〕OAランド

コピー機リースとは

女の子リースとは、お金を支払ってものを借りる取引きシステムの一つで、広い意味で賃貸借取引とも言えるでしょう。借りる側は、リース会社に対して機械や機器などを指定し、リース会社はこれらを購入したうえでリース料金という手間賃をもらい、貸し出しを行うわけです。もちろん、こうした物品の所有権は、リース会社そのものにありますが、借りる側は自分が購入した場合と同様に、リースされた機械や機器などを自由に使用できるわけです。

リースは、リース契約を行った上で、基本的にその多くは長期的に貸し出されることになります。こうしたリース物品は、新品や中古問わず利用されていますが、借りる側としてのメリットは新たにこうしたコピー機器や機械を購入することなく、コストの低い状態で利用できますので、多くの企業で設備投資の一つとして世界中で利用されているわけです。

リース方法には、ファイナンス・リース契約とオペレーティング・リース契約とがあり、キャンセル不可能で物品に対して発生する電気代などのコスト面も、すべて賄うのがファイナンス・リース。そして、純粋な賃貸に近いオペレーティング・リース契約は途中解約が可能で、リース物品に対し解約後の買い取りも行われています。

コピー機のリース

コピー機の利便性

コピー機の便利なところは、なんといっても同じものを何枚も複写できるというところにあります。それまで同じ文章や絵を写し取るには、その文字や絵をまねて、肉筆で書かなければなりませんでした。作業自体は単純に写し取るだけですが、ただ作成するだけでも倍々の時間と労力を必要としたのです。

コピー機現在、熟語の一つとして使われている「青写真」ですが、ひな型などを意味する言葉に使われています。青写真はその名のとおり、写真技術の応用でつくられたもので、いわば日光写真のようなものでした。大型の図形までも複写できたため、設計図などの図面として現在もつかわれ続けている技術の一つです。しかし、写真と同じく焼き付けを行い、現像や定着を行わなければならないという手間があったのです。

この難問に一筋の光明が差します。20世紀になると、日本のメーカーによって感光紙が発明され、手間がかかるという難点克服することになります。しかし感光紙は、光によって複写するという手法から、あまり保存が利きませんでした。光にさらしておくだけで、せっかく複写した情報が消えてしまうのは、非常に問題だったのです。そこで発明されたのは、普通紙でも複写できるPPC複写機でした。

コピー機リースとは

コピー機の概要

一般的にコピー機と呼ばれているものは、複写機と呼ばれるもので、原稿や本などの文字や絵などを複写するための装置です。このコピー機が、商業用として初めて開発されたのは1779年にイギリスの発明家であり、機械技術士であったジェームズ・ワットの発明によるもので、それまで複写の技術そのものは存在していましたが、大量に複写することは困難でした。

紙複写行う手法そのものは、カメラ技術のもととなったピンホール現象によるもので、光は小さな穴に通すことで屈折し、外の風景などを壁に映し出すことができたのです。この光の屈折をすりガラスに写しだすことで、上に薄い紙などを置き、上からなぞって書くことで風景画を模写できたため、画家などがこの方法で風景の模写を行っていました。その後、商業用のコピー機が開発されるまで、複数のペンを連結した機械などが開発されましたが、あまり有用な手段とは言えませんでした。

ワットの発明した複写機は、20世紀に入っても使用されており、インクのしみやすい紙を用いて、これに別の紙を重ね圧力をかけて写し取るという方法でした。手法的には活版印刷よく似たやりかたで、コピープレスと呼ばれていたものです。現在は、ジアゾ式複写機とPPC複写機の2種類があり、主流となっているのはPPC複写機と呼ばれるタイプの複写機です。ジアゾ複写機は、一般的には青焼き複写機とも呼ばれ、PPC複写機を白焼き複写機と呼ぶこともあります。

コピー機の利便性