現在、企業のほとんどは、このリース会社からのリース契約を行い、コピー機をはじめとする様々な機器を会社に導入しています。リースのシステムをよく見てみると、銀行による融資を受けることとよく似ています。

銀行リースを行う企業のほとんどは、機器や機械などの新たなシステムの導入により、更なる企業の発展を目指していますが、新たな機器などを投入するには資金が必要で、融資を受ける必要があったのです。しかし、基本的に銀行などの金融機関から、融資を受けるには担保などが必要で、担保を出せない会社や資金繰りに厳しい会社は、銀行などの金融機関から融資を受けにくい状態となっています。しかし、ほとんどのリース契約の場合、担保を必要とせずリース契約のみで新しい機器や機器などのシステムを導入できますので、金融機関から融資を受けたのと同じ状態になるというわけです。

ただし、担保を引き落としないリース契約は、厳しい審査を必要とする場合が多く、この条件をクリアする必要が会社側にあります。しかしメリットは多く、物品の所有により生じた納税義務や減価償却費の計上、あるいはリース物件にかけられた保険料の支払は、すべてリース会社が行うという利点があります。

〔参考HP〕OAランド

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket